The 6 Passengers (+689) 40 960 260 | (+689) 87 303 259

THE 6 PASSENGERS

クラブ

ダイビングセンターは、ツアモツ諸島ランギロア島のオウツ湾にあるキアオラ村のホテル近くにあります。

ラグーンに面した伝統的スタイルの「ファレ」(家)で、一年中オープン。ご滞在地からセンターまで送迎します。

ショップの器材


当ダイビングショップの器材は、次のようになっております。

2つの494立方フィートの小型垂直コンプレッサー、securusシステム。

30個のフルダイビングギアセット:すべてのギアはSCUBAPROブランドであり、クラブは公式に認められたSCUBAPROクラブです。
  • R 095規制機関
  • 圧力計とデプスゲージブース
  • Wave BCD
  • LOOKマスク
  • STRATOSフィン(さまざまなサイズが用意されています)
  • ウェイトとベルト
  • 3 mmのSCUBAPRO everflexショーキー - 水温は一般的に85°F前後で、7月と8月には3〜4度ほどやや下がります。

スキューバタンクの在庫は次のとおりです。
  • 子供の最初の潜水用の6リットルスチールタンク2つ - 現在の地域規制に基づく12歳以上の最小値
  • 12リットルの50個のタンク - その中にはスチール製のものもありますが、そのほとんどは小型のアルミ製のタンクです。 一般人の場合、これらのタンクは、一度充填した重量と浮力に関する鋼製のものと同じ特性を持っています。
  • 12リットルの50個のタンク - その中にはスチール製のものもありますが、そのほとんどは小型のアルミ製のタンクです。 一般人の場合、これらのタンクは、一度充填した重量と浮力に関する鋼製のものと同じ特性を持っています。
  • そして15リットルのタンク - スチールとアルミニウムのコンパクトなタンク。
    クラブへのホテルとゲストハウスの間で運行する2つのミニバスシャトル。
30名様の団体グループでもお受けいたします。

すべての器材レンタルは、無料です

ダイビング料金にはウェットスーツを含む全器材レンタルが含まれています。

サービス & 料金 2022

当センターは、主として観光・娯楽としてのダイビングを提供しています。 環礁の2つのパス内探検を主に行っていますが、レベル1(CMAS, FFESSM, CEDIP/ANMP, PADI)の ライセンス取得も可能ですし、レベル2,3およびアドバンスもクラブの受付状況により可能です。 お子様は、8歳から受け入れております。

プライベートダイビングや個別講習は、随時リクエストに応じてご提供できます。
1人あたりの価格22/12/31まで有効(1€= 119,332 Xpf)

スキューバダイビング

体験ダイビング
14'900 XPF (125 €)
体験ダイビング+ リフレッシュダイビング
14'500 XPF (122 €)
ファンダイブ 1本から4本
9'500 XPF (77 €) ダイブにつき
ファンダイブ 5本から9本
8'500 XPF (72 €) ダイブにつき
10 - 19 本以上
7 '900 XPF (68 €) ダイブにつき
20+ 回の探査ダイビング
7'700 XPF (65 €) ダイブにつき
NITROX 追加料金
2'200 XPF (19 €) ダイブにつき
PADI Open Water
すべての認定で約9回のダイビング
1st level ANMP
すべての認定で約5回のダイビング
トレーニングダイビングあたりの価格
10'200 XPF (86 €) ダイブにつき
認証の検証とカード
12'000 XPF (100 €)
PE40 + Certification
10'200 XPF (86 €) x3 + 6'000 XPF (50 €)
Snorkeling – Eco tour
6'500 XPF (55 €)

サファリ・ダイビングも行っております。

サファリ・ダイビングは、半日または1日(2タンクダイブ)のツアーで、遠く保護されたポイントで ダイビングします。 往復のボートは、BWA社の8.50m セミリジッドタイプの新しい船を使用します。YAMAHA 4サイクル 150馬力のエンジン2基で推進します。

主に3つのデスティネーションがあります:
  • MOTU PAIO - モツ・パイオ・・・この広大なラグーンに浮かぶ唯一の小島です。様々な種類の魚が数多く無数に 群れていて、Carcharinus Limbatus(メジロザメ科のサメ)を観察できるポリネシアでも数少ない場所のひとつです。
  • MAHEREHONAE - マヘレホナエ・・・前世紀に襲った大型のサイクロンがもたらした、サンゴの巨大な塊の集積が見られます。 すばらしいコーラル・ガーデンも観賞できます。
  • THE RIFTS - レ・ファーユ・・・ファーユ(断層、裂け目)とは、外洋のサンゴのリーフに開いたカラフルな 空洞のことです。そこでは、すばらしいエダサンゴや、大きなゴルゴン(ヤギ類のサンゴ)を 観察することができ、また同時に深海性の種も多く見受けられます。
安全と連帯感、快適性という点から、最大6人のダイバーまでしか乗船していただけません。それと、各ボートに 1名ずつのリーダーが加わります。 例外として、サファリダイビングもしくは最大6ダイバーの2グループが新しいボートに 乗船する場合を除きます。

プライベートダイブ

プライベートモニタ
モニターのみ(モニター1名につき最大5名)
45'000 XPF (377 €) ダイブにつき
プライベートダイブ
ボートレンタル、モニター、キャプテン、安全(モニター1名につき最大5名)
90'000 XPF (754 €) ダイブにつき

ボート

セミリジッドタイプ・ボート 3隻
  • 1隻は、8.50メートルの"BWA" 250馬力4サイクルのエンジンを装備し、コンソールとがあります。この新しいボートは、長めの移動にも対応でき、外洋においても快適に過ごすことができます。このボートは、"2タンクダイブ"のダイブ・サファリに適しており、ダイビングポイントは、ティプタ・パスから遠いところにある、"レ・ファーユ"、"マエヘ ホナエ"、"モツ・パイオ"などになります。
  • ・Mark600セミ・リジッドタイプのゾディアック1隻は4サイクル、115馬力のMERCURYエンジンを装備。コンソールと6本のタンクを収納するラックがあります。

スタッフ

1995年にオープンしたこのクラブは、ランギロア島に魅せられたイタリア人、ウゴ・マザヴィラーニと10年にわたってポリネシアに住んでいたタンギ・ボンデュエルの出会いからスタート。スキューバダイビングと海中イメージへの情熱を共有しています。

フランスとPADIの認定を受けたフレデリック・レルミットが抱えるインストラクターは、観光シーズンによって3人から5人常駐。 また、事務スタッフのほか、ボートを操縦し、水上の安全を担当する船員3人がいます。
  • 常駐インストラクター3名 - 繁忙期やグループの場合6名まで
  • 船員3名 - 全ダイビングはドリフトダイブであり、ダイバーグループをダイビング終了時の乗船に対応するため常時1人のスタッフが船上待機しています。
  • 事務スタッフは、フランス語、スペイン語、英語対応可。
THE 6 PASSENGERS
(+689) 40 960 260 | (+689) 87 303 259 | このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
BP 128 - 98775 Avatoru - Rangiroa - フランス領ポリネシア
Copyright © 2018 - The 6 Passengers - 全著作権所有
Photos credits: Bernard Beaussier
ウェブサイト : Polynesia Pulse